オクラの保存方法と期間【冷凍でおいしく長持ち】

オクラの保存方法と期間【冷凍でおいしく長持ち】果菜類
オクラの保存方法が知りたい人
オクラの保存方法が知りたい人
独特の食感がおいしいオクラだけど、頻繁に食べるわけではないから保存方法に困る。
私
管理人
そんなお悩み、解決します!

シャキシャキ、ネバネバの食感がおいしいオクラですが、残ったものは正しく保存しないと日持ちしません。

本記事では、オクラの正しい保存方法を解説しているので、おいしく、できるだけ長期間保存したい方はぜひ参考にしてください。

オクラの正しい保存方法

オクラの正しい保存方法

オクラは、冷蔵でも、冷凍でも保存することができます。

乾燥させたり、茹でてから保存することもできるので、状況によって保存方法を変えてみてください。

冷蔵保存

オクラは10度くらいの温度が最適とされているので、必ず野菜室で保管しましょう。

冷蔵庫に入れる時には、ヘタの部分を下にして保管します。

なぜヘタを下にするのかというと、畑の状態と同じようにするためです。

オクラなどの野菜は、畑になっていた状態のまま保存することがポイント。

こうすることで、野菜にストレスを与えにくく長持ちするんですよ。

生のまま冷蔵する方法

オクラを冷蔵保存する時には、

  1. 新聞紙かキッチンペーパーでオクラを包む
  2. ポリ袋に入れる
  3. 軽く縛って野菜室に入れる

という方法で行います。

オクラは低温に弱い野菜です。

そのため、冷蔵保存の場合は野菜室での保管をしましょう。

また、ポリ袋で縛る時には軽く縛ることがポイントです。

空気の通り道をほんの少しだけ開けることで、ポリ袋の中がオクラの水分でベタベタになることを防ぎます。

冷蔵保存の場合は、4日程で食べきるようにしてください。

乾燥させて冷蔵する方法

乾燥させたいわゆる干しオクラで保存する場合は、自宅にある瓶やジップロックの中に乾燥剤を入れて保存します。

乾燥剤を入れておくことで、約3ヵ月はもちますよ。

冷凍保存

冷凍保存する時には、下処理をしてから保存します。

  • オクラを綺麗に洗って塩で板ずりする
  • 額の部分を削ぐ
  • 使う量ごとにラップをする
  • ジップロックに入れて空気を抜いて保管する

額の部分は全て切らないようにしてください。

鉛筆みたいになるように、円を描きながら外側の固い部分だけを落とします

全て切り落としてしまうと、ゆでた時にお湯がオクラの中に入ってしまいますからね。

スライスして冷凍する方法

冷凍保存する時は、上記のように下処理をした後ジップロックに入れて保管する方法と、もう1つスライスして保存する方法があります。

スライスしておくと、ちょっと彩に使いたいなという時に便利ですよ。

冷凍する場合の保存期間は1ヶ月が目安となります。

解凍方法

解凍する時は、冷蔵庫に入れてゆっくりと自然解凍させます。

自然解凍させることで、オクラの水分が出にくく美味しく食べられます。

急ぎで解凍したい場合は、レンジで半解凍をしてください。

茹でて冷凍する方法

茹でてから冷凍する場合は、オクラの板ずりが終わったら、熱湯に10~15秒程くぐらせます。

あまり長い時間茹でてしまうと、食べる時にオクラの触感が失われますので、サッと通す程度にしておきましょう。

そして、荒熱を取ったら食べる分ずつラップにくるみ、ジップロックに入れて空気を抜いて保管します。

茹でたオクラも冷凍で、約1ヶ月保存することが可能です

解凍方法

茹でたオクラも、生のオクラと同じように自然解凍します。

急ぎの場合は、生のオクラと同様にレンジの半解凍をするといいですよ。

オクラを冷凍保存するときの3つのコツ

オクラを冷凍保存するときの3つのコツ

オクラを冷凍する際には、コツがあります。

調理がしやすくなったり、いつの間にか傷んでしまうのを防ぐことができるので、活用してみてください。

下処理を行う

冷凍する時には、先に下処理を行わないと調理する時に産毛が取りにくくなります。

そのため、下処理として板ずりはちゃんとしておきましょう。

保存袋に日にちを記載する

オクラの冷凍保存可能期間は約3週間~1ヵ月。

案外冷凍でも1ヵ月程度しかもちませんので、保存する時には袋に冷凍庫に入れた日を記載しておくといいですね。

小分けにすると使う時に便利

一度に大量にできてしまうオクラですが、そのまま冷凍すると余ってしまったオクラを再度冷凍することになります。

これでは、オクラがふにゃふにゃになって食べる時に美味しくないので、使う分だけ小分けにして冷凍することが大切です。

新鮮なオクラと傷んだオクラの見分け方

新鮮なオクラと傷んだオクラの見分け方

オクラには、新鮮なものと傷んでいるものの見分け方があります。

これを知っていれば、購入時や保存してから使う時に間違いないのでしっかり確認しておきましょう。

新鮮なオクラの特徴

新鮮なオクラの特徴は4つ。

  • 産毛が沢山ついている
  • 小さめ
  • 色が濃い
  • 茶色などに変色していない

スーパーのオクラを選ぶ時に気を付けてみてください。

傷んだオクラの特徴

オクラが傷んでいる時は、食べられない場合もあるので注意が必要です。

  • 表面がぬめぬめしている(食べられません)
  • 表面が黒色や茶色に変色している(中が綺麗なら食べられます)
  • くさったような酸味がかった匂いがする(食べられません)
  • 元気がなく、表面にハリがない(味は落ちるけど食べられます)
  • 種が茶色になっている(食べられません)

オクラは長期間保存するなら冷凍しよう

オクラは長期間保存するなら冷凍しよう

オクラは冷蔵でも冷凍でもどちらも保存が可能です。

冷蔵保存する時には、野菜室で畑と同じようにヘタの部分を下にして保管してください。

冷凍保存する時には、下処理をして小分けにしてから保管するようにしましょう。

すぐに使う予定がない時は、1ヶ月程保存しておける冷凍がおすすめです。

どちらも酸化を防ぐために、空気を抜いてから冷蔵庫に入れることを忘れずに行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました